参加者

飲み会

街コンや合コンでの参加者の平均年令は30歳です。
街コンに参加するのを躊躇してしまう理由は年齢を挙げる方が多くいますが、参加の多くは25歳から34歳で、恋人探しはもちろん、そろそろ本気で結婚しないとまずいと考える方が多く参加しています。

街コンは婚活に物足りないとよく言われていますが、婚活の第一歩として利用するには望ましい出会いの場だからこそ、視野に入れている参加者が殺到しています。
また、結婚している人でも街コンに参加している場合もあります。
基本的に出会いや恋を目的として参加しているので重要なことは年齢よりもフィーリングが大事になります。
逆に考えるとどのような年齢でも柔軟に対応することができるのが街コンで求められている条件です。

知っておいた方がいいこと

乾杯

今では合コンより人気がある街コン、主催者団体もどんどん増えて本来に1000人規模より大きいものもたくさんあります。
街コンの発祥は2004年に開催された栃木県の宇都宮市で宮コンとして開催されたのが始まりで、その後全国各地に広まっていきました。
やはり、地域活性化と出会いの場が演出できるので全国各地で開催されて人気があります。
ですが、人気の街コンでも参加するまえにしっかりと確認しておいた方がよいことや知っておいた方がいいことがあるので紹介します。

実は団体と町やお店との連携がうまくいかなことが多いです。
多くの飲食店では実際の新規顧客獲得に繋がっていなく、その街コンをやった日には一時的に売上は上がるのですが、それが店の経営を大きく好転させることはできません。
開催者だけが利益を得て参加者、参加店の利益が疎かになっている街コンもあります。
商店街では街コンに参加していない店舗の前で飲んだり騒いだりして迷惑になっている場面もあります。

男性向け

食事会

今では合コンよりも一般的になっている街コンはどこの街でも毎週開催されるようになっていて、急いで申し込みをしないと一瞬で締め切られてしまうものもあります。
そのような街コンに参加することができても、そこで何をしたかによって成功か失敗かは変わってきます。
そこで、男性に向けて街コンで成功する方法をまとめて紹介します。

■ 少しでもよいので相手に好印象を持たせることができるように努力する
街コンの参加人数は多ければ多いほどその分女性を落とす確率も上がります。
ただし、街コンに参加して連絡先をゲットできたとしても最期は何もいい関係になれずに終わってしまったなんて失敗を避けるためにも相手に少しでも好印象を与えることが大事です。

■ 攻略のカギは相手をいかに素早くデートに誘うことができるか
街コンは気軽に参加できることと参加人数が多いので選択肢の幅がとても広がります。
そんな街コンの攻略のカギとなるのが、連絡先を交換してから次に会う時にデートの約束をするスピードが重要です。
理由は街コンの手軽さと参加人数が多いことは自分にとっても相手にとっても同じことなので、相手も選択肢が広くなります。
なので、ライバルに取られてしまうまえにと一番を目指して頑張とよいです。

■声をかける勇気と会話
街コンに限らずに恋愛では自分から積極的に声をかける勇気を持つ事が大事です。
まずは、異性との会話をできるようになるための練習が必要な方もいます。

■ 服装
やはり重要なのは第一印象で勝負は決まったようなものです。
しかしここで、卑屈になってかっこ悪いからいいやと諦めてしまってはダメです。
基本的には見た目だけで女性に嫌われる方はいません。他にも原因はあるから嫌われるのです。
なので、合コンの服装は清潔感とTPOに合わせたものであれば大丈夫です。

■ 協力プレイ
最近では1人で参加することができなくなった街コンは友人とのコンビネーションが大切になってきます。